オルト(アルト)コイン・仮想通貨の種類、仮想通貨取引所の選び方

2018年11月15日

今、いろんな意味で大変話題の仮想通貨。
海外では一般的に暗号通貨と呼びます。
ビットコインをはじめ、現在、世界中で数千種類の暗号通貨が存在しますが、すでに破綻した草コインもあるようです。

逆に、伸びしろのあるコインを見つけることができれば、第2の億り人旋風が起こる可能性があるのも、仮想通貨のみです。

 ハッキング事件などネガティブな話題も多いですが、ちゃんと金融庁に認定されている取引所であれば、かなりネガティブ要素は少なくなります。 

もちろん、投資としてのリスクがあるのは、他のFXや株などと同じです。

ちゃんと調査し、安全な取引所を選べば、リスクの多くはFXとほぼ同じで、取引所の口座(アカウント)開設は、どの取引所でもネットから簡単に無料でできます。

初心者でも簡単!無料のアカウント登録から始めてみませんか?!

 

ビットコイン/Bitcoin(現在のレート)

※この記事の最後に最新のチャートも載せていますので、直近の相場を確認してください。

 

ビットコイン以外の仮想通貨(暗号通貨)をひとまとめにしてアルトコイン(オルトコイン)と呼びます。

 

ビットコインを購入する際には取引所を利用するのが一般的ですが

どの取引所を利用するのがいいか? 迷ってしまいます。

今回は、ビットコインを取り扱っている取引所の中で

日本国内で初心者でも利用しやすい大手取引所4社

について、徹底的に比較してみました。

ビットコインの取引所を選ぶ上で重要なポイント

ビットコインの取引所において、最も重要となるポイントは以下です。

  1. どういった取引手法が提供されているか
  2. レバレッジは何倍までかけられるか
  3. 取引手数料は安いか
  4. 会社の安全性は大丈夫か(破産したりしないか)

取引所を選ぶ際には上記点に注意して、ご自分にあった取引所を選択してください。

まず、販売所と取引所の違いについて

販売所は、会社自体がビットコインを保有しておりそのビットコインを売買できます。

販売所のビットコインの値段は相場に応じて販売所側が決めています。販売所が販売を停止しないかぎりはすぐにビットコインを入手できるので、とにかく今すぐビットコインが必要というときには便利です。

ただ、その分「取引所取引」より手数料が高い傾向があります。

取引所では、ビットコインを売りたい人と買いたい人が取引をする場を提供しています。

ユーザーが買いたい、または売りたいという値段と数量を提示して、それに応じる人がいると売買が成立します。取引所取引では、売買してくれるユーザーが見つからない場合は売買が成立しないことがあります

個人との売買であり、会社は場を提供するための手数料をとるだけなので、手数料は販売所よりも安くなります。

信用取引と先物取引の違いについて

信用取引では会社からお金を借り入れして、そのお金でビットコインの取引が可能です。なので、取引所口座(ウォレット)に保有している金額以上に取引することが可能です。

保有金額の何倍の取引までできるかは会社によって異なります。(レバレッジ)

先物取引は、厳密には「将来の売買についてあらかじめ現時点で約束する取引」です。ビットコインを売買の対象として、買い付けをした時点では買い付け代金を支払わずに、将来の決められた期日まで買い付け代金の支払いが伸ばされている取引です。

信用取引のように、取引所口座(ウォレット)に保有している金額以上に取引することが可能ですが、信用取引のように融資という形はとりません。

取引所取引、信用取引は現在のビットコインの相場価格が適用されて値段が決定しますが、先物取引は先物取引独自の値段相場によって動きます。

レバレッジについて

信用取引と先物取引では、自分が保有しているお金以上の金額を取引できます。自分の保有資産以上のお金を取引することは「レバレッジをかける」と呼ばれています。

短期トレード、特に1日以内で何回も取引を行うようなトレーダーの場合、自分の資産以上のお金をやり取りすることで、トレード毎の収益も大きくなる可能性があるため、保有資産の何倍までトレードできるか(レバレッジが何倍までかけられるか)が取引所を選ぶポイントになります。

手数料での比較

ビットコイン取引所の手数料を比較した一覧表です。

ちなみにビットコイン取引所は基本的に取引手数料で運営されるビジネスです。ですので取引手数料がかかるから悪い取引所だ、という感覚は正確ではありません。

手数料を取っている分、経営が安定しセキュリティ対策を行える場合もあります。もちろん手数料が安い事で顧客が増え、より様々なサービスを展開できる場合もあります。

 

取引所 入金手数料 出金手数料 取引手数料 取扱仮想通貨
GMOコイン
GMOコイン
無料 無料 無料 BTC,ETH,LTC,BCH,XRP

DMM Bitcoin
DMM Bitcoin
自己負担
(クイック入金利用の場合無料)
無料 無料 BTC,ETH,XEM,XRP,LTC,ETC,BCH
QUOINEX
QUOINEX
自己負担 500円 無料 BTC,ETH,XRP,BCH,QASH
ビットトレード
BitTrade
自己負担 648円 0.2%~0.7% BTC,ETH,LTC,BCC,MONA

どのように取引所を使っていきたいのか

それぞれの取引所に特性があり、一概にどの取引所が一番いいとは言えません。

どれもやってみなければ分からない、というのであれば取引所のアカウント作成は無料ですので、一度作ってみて、それから比べてみるのもいいかもしれません。

是非、色々と試して自分にピッタリの取引所を見つけてください!!

 

2018年5月18日、財務省より「仮想通貨に関する外国為替及び外国貿易法に基づく報告」が発表されましたので、お知らせ致します。

外国為替及び外国貿易法(昭和24年法律第228号。以下「外為法」という。)では、日本と外国との間又は居住者と非居住者との間で3,000万円相当額を超える支払又は支払の受領をした場合には、財務大臣への報告が必要となります。

当該支払又は支払の受領には、日本円や米国ドル等の法定通貨を用いたものだけでなく、仮想通貨を用いて行った場合も含みますので、仮想通貨に関する外為法に基づく報告について周知します。

詳細は、下記財務省ホームページの別添1、別添2をご覧ください。

仮想通貨に関する外国為替及び外国貿易法に基づく報告について周知します (https://www.mof.go.jp/international_policy/gaitame_kawase/gaitame/recent_revised/gaitamehou_20180518.htm)

Posted by ナビゲーター