暗号通貨ハードウェアウォレットの安全性は?

ハードウェアウォレットとは?

暗号通貨(仮想通貨)を保存するために作られたものを「ウォレット」と呼びます。

ウォレットには様々な種類のものがあります。
ハードウェアウォレットはその名の通り独立したハードウェアに暗号通貨を保管するため、Webウォレットやクライアントウォレットより安全なウォレットです。

ちなみにハードウェアウォレットに並んでセキュリティの高いウォレットにペーパーウォレットがあります。

すぐにハードウェアウォレットの商品を見てみたい方はこちら

仮想通貨はハッキングされるリスクがある

暗号通貨は物理的な通貨ではなく、オンライン上で流通する通貨であるため、常にハッキングのリスクがあります。

ハッカーから暗号通貨を安全に守るために最適なのがこのハードウェアウォレットです。

暗号通貨を保有している人は是非ハードウェアウォレットの仕組みを覚えてあなたの資産を安全に守ってください。

安全な仮想通貨取引所を利用し、このようなハードウェアウォレットを利用することでさらに安全に資産を安全に保管することができます。

ハードウェアウォレットの仕組み

暗号通貨を送金するためには「送金用アドレス」と「リカバリーフレーズ」が必要です。

送金用アドレスは取引所間で暗号通貨を送金する際に見たことがある人も多いことでしょう。
リカバリーフレーズはウォレットを使うようになって初めて見る人が多いものです。

ハードウェアウォレットは、リカバリーフレーズをウォレット内に暗号化して保存する仕組みになっています。

リカバリーフレーズは12個の単語で、ハードウェアウォレットを使う上で最も重要なものです。

ハードウェアウォレットを使う際はこのリカバリーフレーズをしっかり管理してください。

暗号通貨を送金するためには送金アドレスとリカバリーフレーズが必要なので、あなただけのリカバリーフレーズをしっかり管理すれば暗号通貨を安全に保管しておくことができます。

ハードウェアウォレットのメリット

ハードウェアウォレットを使う最大の理由は「セキュリテイが高く、盗まれにくい」事です。

暗号通貨の送受信に必要なリカバリーフレーズを暗号化して格納し、物理的にインターネットから切断された環境で保管しますので安全性が高くなっています。

多額の暗号通貨を保管するなど、高度なセキュリティが求められる時に真価を発揮するウォレットです。
「紛失したらどうなるんだろう?」と思う人もいるかもしれません。

しかし、ハードウェアウォレットは「リカバリーフレーズを覚えておけば復元できる」ウォレットです。

そのために、紛失や故障に備えてリカバリーフレーズを覚えておく必要があるのです。

ハードウェアウォレットのデメリット

本体を購入するのにはそれなりの費用がかかります。

基本的に10,000円~30,000円ほどしますので高いと感じる人もいるかもしれませんね。

しかし、ハードウェアウォレットは暗号通貨を安全に保管するために必須ですので多額の暗号通貨をお持ちの人は特におすすめします。

ハードウェアウォレットの中には使い方がわかりにくいものもあります。
表示がわかりにくかったり操作性が悪かったりしますのでマニュアルなどをしっかり確認しながら使うようにしましょう。

誤操作や誤送信などで暗号通貨を失ってしまわないようにしっかりチェックする事が重要です。

送金に手間がかかる

ハードウェアウォレットから暗号通貨を送信する際にはPCなどにインストールした専用ソフトを介して行う必要があります。

そのため、USBでPCに接続し、ソフト上から送金を行うという手間がかかりますので日常的に送金する暗号通貨を保存するのには向いていません。

基本的にハードウェアウォレットには長期間保存する暗号通貨を保管するという使いかたをするのがいいでしょう。

Ledger Nano S(レジャー・ナノS)の特徴と対応通貨

Ledger Nano Sはハードウェアウォレットの中では比較的安価な端末です。対応通貨も多く、使いやすいといえるでしょう。

Ledger Nano Sの対応通貨は多いものの、1台の端末に入れられるのは4種類ですのでご注意ください。

対応通貨は以下の通りです。

  • ビットコイン
    ビットコインキャッシュ
    イーサリアム
    イーサリアムクラシック
    リップル
    ライトコイン
    ダッシュ
    コモドコイン
    ドージコイン
    ストラティス
    ネオ
    ゼットキャッシュ

ハードウェアウォレットは最近盗むために改造をしたものが多く出回っているのでしっかりと公式のところから購入をしましょう。
そうでないとすべての資産を盗まれるかもしれません。

日本の公式代理店は下のボタンから飛ぶことができます

Ledger Nano S

ハードウェアウォレット

以下、公式サイトからの引用です。

Ledger Nano Sの安全性について複数のブログ・SNSなどで問題視されておりますが、安全性は十分に担保されておりますのでご安心ください。

ブログやSNSで問題となっているのは下記の2点です。

・封印シールがなく、中古かどうかの判別ができない
・偽造された商品の可能性がある

Ledger Nano Sに封印シールがない理由

Ledger社では以前に封印シールの貼り付けを行なっていましたが、意味がないと判断し、箱への貼り付けを中止しました。

その理由は、封印シールのような偽造されやすいものでは不正を防ぎきれないと判断したためです。

そうなると中古品を購入してしまうのでは?と思ってしまいますが、Ledger Nano Sは、新品・中古品に関係なく初期設定を行えます。

使用前に、この初期設定さえ自分で行なっていれば、他人のウォレットに暗号通貨が入ることはありません。

初期設定とは銀行でいうところの口座開設にあたり、新品・中古品に関係なく何度でも行えます。
もし、購入したLedger Nano Sが初期設定済み(口座開設済み)であったとしても
PINコードを3回間違えることによってすべてをリセットすることができるのです。
つまり、絶対に忘れてはいけないのが必ず自分で初期設定を行うということです。
これさえ守れば新品・中古品は関係ありません。

もし、偽造されたLedger Nano Sであった場合はChromeアプリと接続した際に認識されないようプログラミングされています。
正規品のみが認識されますのでご安心ください。

つまり、ちゃんと公式サイトで購入し、自分で、初期設定を確実に行えば、後は、パスフレーズの管理をしっかり行うことで、ネット上のウォレットとは比較にならないほど安全性は高いということです。

 

タイトルとURLをコピーしました