ビットコイン、急騰で約1カ月ぶり7000ドル台回復

ITmedia ビジネスオンライン / 2018年7月18日によりますと、

7月18日未明、ビットコイン価格がわずか1時間で10%近く上昇。

約1カ月ぶりに7000ドル台を回復し、その他主要仮想通貨も軒並み値を上げ、仮想通貨市場が一気に盛り上がりをみせたそうです。

Forbesによると、複数の好感材料が重なったことがビットコインや仮想通貨価格の急騰につながったようだ。

17日、米Goldman Sachs(ゴールドマン・サックス)のロイド・ブランクファインCEO(最高経営責任者)が10月1日付で退任し、デービッド・M・ソロモン社長兼COO(最高執行責任者)が後任としてCEOに就任すると報じられた。

ソロモン氏は先月、同社がビットコインや仮想通貨関連のサービス追加を検討していると明かし、大手金融機関の仮想通貨市場本格参入がビットコイン価格持ち直しにつながるのではと期待されていた。

さらに、ブランクファイン氏は個人的な意見としてビットコインに対する否定的な見方を度々示していたため、ソロモン氏への交代が好感されたとみられる。

米大手資産運用会社BlackRockが仮想通貨とブロックチェーン(分散型取引台帳)に関するワーキンググループを設置したと報じられたことも、ビットコインや仮想通貨市場の成長促進に寄与するとして価格を押し上げたようだ。

金融安定理事会(FSB)が昨日発表したレポートで「ビットコインや仮想通貨は現時点でグローバルな金融システムに重大なリスクを及ぼすものではない」と結論付けていたことも市場に安心感が広がった要因の1つとされている。

また、資産家で米資産管理会社Point72 Asset Managementの創設者であるスティーブン・コーエン氏が、米仮想通貨ヘッジファンドAutonomous Partnersに投資することでビットコイン事業に本格的に参入したのではと伝えられたことも好感されたようだ。

 

タイトルとURLをコピーしました