ナビゲーター

ビットコイン

BTC(ビットコイン)はいつ買うべきか?

ビットコインに逆張りする人は泣きをみる 出典:プレジデントオンライン / 2018年5月9日 わずか7年で1セント以下から1万ドル以上に急騰 ビットフライヤー、ビットポイントなどの仮想通貨取引所に口座を開けば、誰でも売買ができ、その取...
仮想通貨関連

仮想通貨がピンチ? 「育成」から「規制」へ 金融行政を転換か

仮想通貨交換業の「コインチェック」による580億円の仮想通貨流出事件はあったものの、引き続き仮想通貨熱は冷めることがない。 しかし、仮想通貨はその最大の特長である「匿名性」について、ピンチを迎えつつある。仮想通貨は、投資家自身の保有残...
トピック・ニュース

クレカ禁止、広告禁止。世界で広がる仮想通貨包囲網

広告禁止はともかく、クレジットカードの利用に関しては、暗号通貨だけ規制する意味が分かりません。ユーザー責任でしょう。 損失リスクを回避する、という名目なら、海外のブックメーカーへの入金や、FXバイナリーオプションへの入金まで規制する必...
トピック・ニュース

マネックスG、コインチェックを完全子会社化

[東京 6日 ロイター]より - マネックスグループ<8698.T>は6日、コインチェック(東京都渋谷区)の全株式を36億円で取得し、完全子会社化すると発表した。 コインチェックの新社長には、マネックスGの勝...
仮想通貨関連

「仮想通貨」熱はどうなった!? コインチェック騒動後

「億り人(億単位の額を稼いだ人)が続々登場」――。少し前まで、「いい意味」でメディアを賑わせた仮想通貨。ビットコインを代表とするそれら通貨の価値は、2017年に急上昇し、「仮想通貨元年」とも評された。 ところが翌18年1月、取引所の「...
仮想通貨関連

仮想通貨「相対取引」が拡大、スカイプで取引所回避

インターネット電話「スカイプ」を介した仮想通貨の相対取引ビジネスが拡大している。相場を荒らす可能性のあるオンライン取引所での取引を避けたい大手投資家が商売相手だ。 仮想通貨の相対取引が始まったのは約5年前で、約20人のトレーダ...
トピック・ニュース

「ビットコインを超える本物」銀行の危機感から始まった日本版スマホ決済

理屈では分かりますが、ブロックチェーン技術の可能性については、とらえ方がいろいろあると思います。 中国で熱心に開発が進んでいるという量子コンピュータ。 今のマイニングファームにあるような、寄せ集めのチップの遥か上をいく演算速度に...
仮想通貨関連

仮想通貨でもっとも大事な[取引所]の選び方

コインチェックの流出事件以降、仮想通貨市場への信頼が大きく揺らいでいる。 利用すべき取引所の“最適解”はどこなのか。賢者3人が語りつくした! ◆銘柄、手数料、板の厚さからレバレッジまで。賢者が教える目的別の最適解とは? ...
仮想通貨関連

仮想通貨の申告で破産しないための仮想通貨・確定申告ガイド

2018年3月は、税務当局による仮想通貨の税務上の取り扱い決定後、初めての確定申告シーズンとなる。 仮想通貨の税務 その理解と対策の必要性 仮想通貨の取り引きを行うためには、税務についての正しい理解と知識が必要です。税務について正しく理...
仮想通貨関連

仮想通貨でアスリート育成“資本の論理”に縛られない「ICO」の可能性

ICO(新規仮想通貨公開)と呼ばれる新たな資金調達の手段が盛り上がりを見せている。 ICOとは、資金を集めたい企業が「トークン」と呼ばれる独自の仮想通貨を発行し、投資家がそのトークンをビットコインなどで購入することで資金を調達する仕組...
タイトルとURLをコピーしました